イワツキ株式会社 <新型コロナウイルス試験対応済み>イワツキ抗菌消臭剤 SS-P3EX【各種】
イワツキ株式会社 <新型コロナウイルス試験対応済み>イワツキ抗菌消臭剤 SS-P3EX【各種】
  • イワツキ株式会社 <新型コロナウイルス試験対応済み>イワツキ抗菌消臭剤 SS-P3EX【各種】
  • イワツキ株式会社 <新型コロナウイルス試験対応済み>イワツキ抗菌消臭剤 SS-P3EX【各種】

イワツキ株式会社 <新型コロナウイルス試験対応済み>イワツキ抗菌消臭剤 SS-P3EX【各種】

メーカー名

イワツキ株式会社

価格

1,210円(税込)

数量

サイズ

電話で問い合わせる03-6843-2333電話で問い合わせる
平日 9:00~16:00(土日祝休み)
※電話注文は承れません

商品について

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)、
ノロウイルス(ネコカリシウイルス代替)の不活性化を実証!


【商品説明】

ノロウイルスなど細菌・ウイルスの感染予防は共有物の汚染を防ぎ、接触感染の経路を遮断することが極めて有効です。※新型コロナウイルス試験対応済み(SARS-CoV-2) 2020年7月時点
SS-P3EXは、細菌やウイルスに素早く吸着・浸透・分解し、ウイルスを不活性化する効果が認められ、新型コロナウイルス、ノロウイルス、SARS、インフルエンザ、O-157など多くの細菌・ウイルス対策に効果を発揮します。
 


【ご使用方法】
抗菌したいところや臭いのもとに20~30cm離して直接スプレー。
1スプレーが0.3ml。250mlボトルで800回以上、500mlボトルで1600回以上お使いいただけます。
抗菌したいところや匂いのもとに20~30cm離して直接スプレーして下さい。1平方メートルの面積に対して7~8回(2~2.5ml前後)噴霧して下さい。

【SS-P3EXの抗菌効果及び安全性試験一覧】
■SS-P3EXの抗菌効果試験一覧
菌名 経過時間 結果 試験機関
新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) ※注 30秒後 不活性化効果 99.9%以上 KR.BIOTECH
新型インフルエンザウイルスH1N1型 5分後 検出せず 中部大学生命健康科学部
SARSウイルス 5分後 検出せず 中華人民解放軍軍事医学化学院
ノロウイルス(ネコカリシウイルス代替) 5分後 検出せず 日本食品品分析センター
※その他下記のウイルス等の不活性化、抗菌効果を実証しております。
インフルエンザウイルス(H3N2型)、ヒトコロナウイルス(H-CoV229E)、口蹄疫ウイルス、犬パルボウイルス、緑膿菌、MDRP、VRE、黄色ブトウ球菌、MRSA、表皮ブドウ球菌、大腸菌、O-157、サルモネラ菌、レジオネラ菌、肺炎桿菌、白癬菌、枯草菌、カンジタ菌、歯周病菌(ポルフィロモナス・ジンジバリス)
※注: 新型コロナウイルス⇒(SARS-CoV-2) 新型コロナウイルス感染症⇒(COVID-19) ウイルスと病名の表記の違いにご注意下さい。


■SS-P3EXの各種安全性試験一覧
試験名 結果 詳細 試験機関
皮膚一次刺激性試験 非刺激性 皮膚に対する刺激性は認められませんでした 日本食品分析センター
急性経口毒性試験
(LD50)
ラッドLD50=2,000mg/kg以上 飲み込んでも毒性はありません 日本食品分析センター
眼刺激性試験 非刺激性 結膜の発赤等の目に対する刺激性は
認められませんでした
日本食品分析センター
急性吸入毒性試験 死亡や特異な臨床症状などはない 呼吸などによって肺に取り込まれた場合の
障害を調べる試験
HOSEO University
HTRC
※細胞毒性試験、変異原性試験にも適合しています。

【使用上の注意】
・水に弱い繊維や防水加工したものなど、素材の種類や繊維の特性によって、シミや変色する恐れがありますので、予め目立たない部分でお試しください。
・皮、毛皮、和装、白木などには使わないでください。
・幼児の手の届くところへ置かないでください。
・目に入った場合は水で十分に洗い流してください。万が一飲み込んだ場合には。大量の水を飲ませてください。異常を感じた場合は医師の診断を受けてください。
・大量に使用する場合は、十分に換気をしてください。
 

商品の仕様

規格/品番/JAN/入数
規格 品番 JAN 入数
SS-P3EX (抗菌消臭剤) 250ml 120-98024 4560169980248 1本
SS-P3EX (抗菌消臭剤) 500ml 120-98025 4560169980255 1本
SS-P3EX (抗菌消臭剤) 1L 詰替用 120-98030 4560169980309 1本
廃棄方法について
・有害な成分は入っておりませんので、排水口やトイレに流して頂いても問題ございません。・容器廃棄につきましては、各自治体の廃棄方法に従い廃棄してください。
医療機器の分類
該当なし
厚労省届出/認証/承認
該当なし